インターネットカフェや漫画喫茶でアルバイトをしたいとお考えの方におすすめの求人サイトをご紹介しています。

名古屋市

■二十数年前のウェイトレス

"高校一年の夏休み、私が初めてのアルバイトとして選んだのは、某ファミリーレストランのウェイトレスでした。
友達と一緒に応募して、ドキドキしながらレストランの裏口から入ったのを思い出します。
初めてお客様にお水を持っていくときの緊張感、手が震えるほどでした。
今でも時々思い出すのが、テーブルに常備してあるソースを交換する作業のときです。
トレイに補充されたソースの瓶をたくさん乗せて、一つ一つテーブルの少なくなったソース瓶と交換していました。
今なら絶対にしませんが、まだ高1の何も分からない頃のこと、言われるがままにテーブルを廻るあまり、食事中のお客様のテーブルにも交換に行きました。
一応「失礼します」とか気をつかったつもりになって片手にソース瓶の載ったトレイを持ち、もう片方でテーブルの奥にある瓶を取ろうとした瞬間、トレイのソース瓶がガラガラとお客様の上に落ちでいったではないですか!ひぃぃぃー!
すみません、すみません。謝る私・・・
店長が飛んでくるとはこのことで、すごいスピードでお客様にお詫びにやってきました。
あれはしばらく落ち込みましたね。

さらにびっくりしたこともありました。グレープフルーツジュースのオーダーで、氷をいれたグラスにジュースを入れて、飾りにグレープフルーツをくし形に切ったものをグラスに飾るんですが、切ったものを床に落としてしまい、それをゴミ箱にすてたと同時に後ろのシェフから「あかんあかん、まだ使える」と言われたのです。ひぇぇえー!
結局洗ってグラスに飾ることになりました。
あの時のお客様本当にごめんなさい。

あれ以来私は、外食で飾り物に手が付けられなくなりました。
ほとんどのお店はそんなことしないんでしょうが・・・
二十数年前なので時効ということでお許しを。"